婚活で幸せをつかむ方法

トップページ > 結婚式はするべき?

結婚式はするべき?

結婚のイメージとして、「ウエディングドレス」や「チャペル」などの絵が浮かんでくるものです。女性にとっては特に「結婚」のイメージがそのまま結婚式のイメージであったりもするものでしょう。

現在ではそのようなことに対してお金をかける人も少なくなってきています。「結婚は一生に一度」だといい、新郎新婦本人たちに加えその両親が費用を出すケースも増えています。若い世代が結婚をすると、だいたい蓄えも心もとないものです。そして両親が健在であったり、まだ現役で仕事をしていたりするものですから、そのような場合両親がある程度の費用を立て替えてくれることも多いようです。

「結婚式」はひとつの「ケジメ」でもあります。親戚や親しい人たちに対して「夫婦になりました」と宣言し、お披露目すると同時に互いの家と家が顔をあわせ、新たな親戚関係を結ぶのです。そのような式が「絶対に必要だ」と考えている人も、世の中には沢山います。どちらかといえばそれは新郎新婦の親の世代に多いかもしれません。「結婚するときまでを見据えて子どものために積立貯金しておいた」という親もいます。そのような人たちにとっては、自分の子どもの「結婚式」は夢でもあったことでしょう。

ですから、本人たちがどうあれ、状況が許す限り結婚式はした方がいいのではないでしょうか。さまざまな手続きや段取り、そして誰を招待するのかなど、さまざまに考えなければいけないことが沢山あるものですが、それもまた結婚に向けての楽しい時間になるはずです。自分が日頃お世話になっている人や、あまり顔を合わすことのない親戚関係の方などに改めて挨拶ができるいい機会でもあります。

「ジミコン」などという言葉が一時期用いられていました。それは夫婦本人たちにあまり蓄えがなかったりする場合、「結婚」自体は役所に婚姻届を提出するだけで済むのですから、特段費用をかけなくても「結婚できる」というものです。また最近では「事実婚」という状況も増えてきています。すでに長く一緒に暮らしていたりすれば、あとは手続きの問題だけだ、というものです。人の暮らしが多様化した現在では、「結婚」のカタチもさまざまになっているのでしょう。カップルの数だけ、夫婦の数だけある「結婚のカタチ」はどれもすべて正しいものです。誰も否定することはできないものです。

ただ、「結婚式」はそれ自体に多大な労力を要したり、準備期間が長くかかったりするものですから、その過程が夫婦の最初の共同作業であったりするものです。特に「お見合い」などで知り合った二人であれば、一緒に暮らしたこともなく、相手と何か共同で物事を進めることは結婚式が始めてかもしれません。結婚式の準備を経て、夫婦の絆を深めるということも多いのです。婚活でも同じです。婚活で出会う人は「結婚を考えて出会う」相手です。そのような関係が一般的な恋人よりも理解しあえていないかというと、それはまったくのデタラメなのですが、互いのことをさらに深く知るための共同作業として結婚式の準備を進めるのはいいことなのではないでしょうか。特に、仕事が忙しくなってくる30代前半から半ばにかけての結婚は準備時間を確保するのも大変です。その分だけ、感慨深いものになることでしょう。