婚活で幸せをつかむ方法

トップページ > 婚活にはお金がかかる?

婚活にはお金がかかる?

婚活を行うためのきっかけとして一番メジャーな存在であるのは「婚活サイト」です。婚活サイトに登録し、相手のプロフィールを参照したり、逆に相手に探してもらったりすることが第一歩です。そのような「婚活サイト」は、確かに「有料」である場合もあります。

ただ、その金額は組織として婚活のサービスを続けるために必要な経費であるということを忘れてはいけません。人が関わっている以上、そしてそれを「仕事」としている以上、その行為に対する「対価」を得る必要があります。逆にそれがなければ「仕事」としては成立しないということになってしまいます。仕事にならないようなことは続けるわけにはいきません。つまり、婚活のサービス自体がなくなってしまうのです。

「婚活をしよう」と考えて自分の意識を変えるということはとても大切なことではあるのですが、そのような活動をサポートする団体やシステムがないことにはどうにも手が出せないということもあります。何をしていいのかわからないということです。そのような人たちをサポートするために存在する婚活サイトやサークルの「維持費」は多少なりとも支払う必要はあるのです。ただ、その出費は決して無駄なものではなく、自分の将来のために自分の出会いをサポートしてくれているのだ、と考えれば高くは感じないはずです。

また、いざ婚活をはじめるとなるとそれまでの自分の衣服など、身だしなみに対しても意識が及ぶことでしょう。「いつもの服でいいのか」ということが気になるかもしれません。そのため、新しい衣装を用意したりだとか、髪型に気を配ってみたりだとか、自分のいろいろな面に対して気になる点が出てくるものです。そのような時にはやはり費用をかけてでも自分を磨こうと考えるものです。少しでも相手に自分のことをよく見せたいと考えることは、人として自然なことです。

婚活にはさまざまなスタイルがあり、サービスやサークルによってはさまざまなイベントを用意していることでしょう。用意されたイベントに参加するために費用を支払う場合もあります。もちろん、そのような会を催すために「人」が奔走しているからでもあります。そのようなさまざまな婚活の取り組みを「無駄にしない」ということが大切です。「お金を払ったのに誰とも話せなかった」ということであっても、それはそのサービスが悪いわけではなく、その時の自分自身の振舞い方が悪かったのだと考えるべきなのです。婚活にはある程度の予算はかかります。かけた費用の何百倍、何千倍もの幸せを将来つかむためには、さまざまな局面での一瞬一瞬の振る舞いを考えることが大切なのです。結婚相手が勝手にこちらにあるいてくるわけではありません。また、誰かに用意してもらうようなものでもありません。あくまでも「自分で」出会って、自分で決めるものです。婚活サービスはその一助になるものではありますが、100パーセントを保証するようなものではありません。

婚活を行う上ではある程度の費用は「当たり前」であると考えたほうがいいです。それが「高い」と考えるようであれば、それはもしかすると自分の経済基盤を見なおした方がいいかもしれませんし、婚活によって得られる「可能性」を軽視しているということかもしれません。