婚活で幸せをつかむ方法

トップページ > 年収は大切?

年収は大切?

愛があれば「収入なんて関係ない」と言う人がいます。断言します。それは「嘘」です。莫大な富がなければ不幸かというと、そうではないのですが、せめて「人並み」の収入は必要です。

それでは「どのようにすればそのような収入が得られるのか」というと、それは少し考えが必要です。「こんなに働いているのに給料が少ない」と嘆く人がいます。それは現代社会ではもっとも多い「グチ」のひとつかもしれません。それは今の時代では当たり前です。会社勤めであるのであれば、そこに捧げる「時間」はすべて生産的でなければいけません。「大変だ大変だ」という人に限って、無駄な仕事をしている場合があります。会社にとって「無駄」な仕事をされることほど苛立たしいものはありません。一人従業員が働ける時間には限りがあり、それを超過させて稼働させること自体が「コスト」であるからです。

仕事は「効率」が命でもあります。「生産性」というものは同じ時間でいかに「儲けるか」ということです。そのようなことを度外視して、「非効率だけども言われたからダラダラやっている。僕は仕事をしているんだ」というような情けない労働者は、給料をもらえているだけありがたいのです。自分の境遇を嘆くことほどみっともないことはありません。その仕事を選んだのは自分であり、毎日その職場に通っているのも自分の意思です。職場に「居心地」を求めることもナンセンスですし、「言われた」ことだけこなすのは小学生と同じです。そのようなことを理解しないで文句しか言わない人は、給与など上がりません。

「指示が悪い」、「上司が悪い」ということを簡単に口にする人がいます。自分がやりたないことに対して過剰にストレスを感じる人がいます。誰かのせいにしたり、組織の意に反したことを繰り返す人がいます。やたらと怠けたり、自分の都合の良いことしかやらなかったりする人がいます。そのような人ばかりでは、その会社はすぐに倒産してしまいます。「稼ぐ」という意識がなくなった会社は、もう死んでいます。

世の中は厳しいもので、自分が買い物をするときのことを考えてほしいのですが、財布のヒモというものは「価値」がなければ緩まないものです。何かを買おうとして、「これはサボって作られたぞ」と感じれば、そのようなものは買わないのです。それと同じことです。会社はあなたの「能力」を「買っている」ようなものです。サボる社員、楽ばかりをする社員、儲けない社員などは必要がないのです。「好きにやらせてくれれば実績が出る」という人間ほど、何もできないものです。まずは限られた「ルール」の中で実績を出せる社員がモノをいいます。そして、会社もそのような社員に対しては給与を出すのです。

「このままではいけない」とか「もっとできるはずだ」と考えなければ実績は出ません。誰かがやっていることをそのままこなすだけでは、「それ以上」にはならないのです。「それ以上」にならない人間は、「それ以上」の価値はないのです。そのようなことをわきまえない限り、収入などは上がりません。会社がダメだと思ったら、転職してください。「誰かのせいだ」という人は、一切稼げないのだと考えましょう。