婚活で幸せをつかむ方法

トップページ > 女性の社会進出で結婚が減った?

女性の社会進出で結婚が減った?

現代は女性が仕事をすることは「当たり前」とされています。女性が仕事を持ち、自立した生活を送ること、さらには責任ある職責を持ち、男性以上に活躍することは「常識」なのです。ですが、本当の意味で女性が女性として社会で活躍できるかどうかはハナシが別です。

女性は男性とは違う役割を、その人生で経験することが多いものです。それは「出産」です。出産は子どもを生むということですが、そのように一言ではまとめることのできない大変さがあります。自宅で自分だけで、というわけにはどうしてもいかず、仕事をしたまま「週末に」というわけにもいきません。出産するためには十分な療養が必要ですし、生まれたばかりの子どもを置いて以前のように仕事に向かうわけにも行かないのです。最低でも一年は、出産・育児休暇が必要でしょう。

そのような状況を簡単に許せる社会ではないということ、企業情勢ではないということが最大の難点です。生きるためには働かなければいけない。ただ、現代のビジネススピードは速すぎて一年も休んでしまうと新人に逆戻りというわけです。そのような状況があるから、女性が「働く」ということは難しいのです。昔のように夜遅くまで残業していいわけでもないのです。共働きである場合、どちらかは子どもの面倒を見るために早く帰らなければいけません。

現代では企業においての余剰人員はすぐに削られます。「余剰」とは、「仕事がないんじゃないか、いなくても変わらないんじゃないか」ということです。出産で一時前線を退いたとしたら、一年間は自分無しでその業務が続くことになります。一人欠けてもどうにかなってしまったその組織に、自分が帰る場所なんてないかもしれないのです。

企業はさまざまな競争相手を持っています。そして社員に対して組織を維持して給与を支払い、暮らしを豊かにするという責任を帯びています。その現実が、人員配置に対してもシビアにならざるを得なくなるのです。

だから仕事をしている女性が結婚や出産どころではなくなるということが起こります。それは悪いことではありません。男性よりもバリバリ働いて、社会に貢献することはわるいことではないのです。ただ、結婚しなければ普通出産もしないものです。男性顔負けに働く女性が、結婚せずに独身でいることも多々あるものです。そのようなことが社会的に沢山起こると、子どもが少なくなってしまうのです。

「女性は家庭に入っていればいい」という時代は終わりました。なぜなら、男性だけの収入で家計をやりくりしていくことがだいぶ困難になったからです。「共働き」というスタイルは現在では「当然」の形になっています。その中で、「キャリア」を求める女性は「結婚なんかしていたら出世する機会を失う」と考えて閉まっている人もいるかもしれません。「一日も外せない」という状況が、女性をさらに結婚や出産から遠ざけているのです。そのような女性として当たり前の機会を許すことができない現代企業にも問題がありますし、仮に許していたとしても現実的に結婚や出産をした女性が出世できないのであれば、それは真の意味での「平等」ではなく、そのような企業がほとんどです。