婚活で幸せをつかむ方法

トップページ > 結婚にかかる費用とは

結婚にかかる費用とは

結婚するにはお金が必要だと、誰もが考えます。ですが、実は「結婚」そのものには費用はかかりません。もちろん「結婚式」や披露宴などを盛大に執り行おうとすれば、それに対して費用がかかります。予算はひとそれぞれです。

「結婚にはお金がかかる」というのは未婚者にとってみてはイメージでしかありません。ですが、結婚すればどのようなことが起きて、どのような出費が必要なのか、少し想像してみることは可能です。もちろん、それも想定でしかなくて、実際はさまざまな事情があり、人によって出費は違ったりするのですが、一般的な例で考えてみましょう。

まず、結婚を決めたら男性から、あるいは最近であれば女性から「プロポーズ」をするものです。その際、「婚約指輪」などを男性から女性に贈ります。旧来から言われているのはその婚約指は大体「給料の三ヶ月分」だといわれていました。ですが、最近ではそのような出費が可能な人も少なくなってきています。昔であればボーナスが給料の3ヶ月分であったりした人も大勢いましたが、経済情勢が厳しくなってしまった昨今ではそれもなかなかままならないことです。そして婚約指輪の他に夫婦ペアでつける「結婚指輪」というものもあります。これはだいたいとのような夫婦でも用意します。この指輪の値段はそれこそマチマチです。若い夫婦であれば、それまでお互いがつけていた「ペアリング」などをそのまま流用する場合もあります。

「結婚式」自体ですが、最近では「しない」という夫婦もいます。お金がかかるからであったり、身内に不幸があったばかりであったりと事情はさまざまですが、写真だけ撮影して済ませたりする人も多くなってきました。もし結婚式や披露宴を行うのであれば、それは数十万円から100万円単位の出費を覚悟してください。ご祝儀などでペイできるのではないか、と考えたりもするものですが、実は全然賄えません。結婚式や披露宴などは自分たちが出費するものだと考えておきましょう。

そしてここからはリアルな生活のことに入っていきます。まずは「新居」が必要です。それまで別々で暮らしていたようなカップルが夫婦になるのであれば、新居が必要です。戸建にするのか、マンションにするのか、購入するのか賃貸にするのかは人それぞれですが、どちらにしても「引越し」には費用がかかりますし、足りない家具もあるかもしれません。それらの予算でだいたい50万円から100万円ほど見ておけば余裕なのではないでしょうか。引越しの仕方や住まいの選び方を工夫すればもっと安く済む場合も多々あります。

ここから先は共同生活です。生活費は二人別々で住むよりも一緒に住んだほうが安くなるものです。家賃、食費、光熱費などを工夫しながら節約していきましょう。問題は「子ども」が出来てからです。
子どもを一人育てるためには莫大な費用がかかります。それは衣服や食費が主ではなく、「進学」のための費用です。子どもを学校に行かせるためには多くの費用がかかるのです。「結婚にお金がかかる」というイメージの最大の理由はこの点です。妊娠したら一時仕事はできなくなりますし、その後復帰したとしても子どもを中心にした生活になるのです。