婚活で幸せをつかむ方法

トップページ > 合コンと婚活は違う

合コンと婚活は違う

誰かと知り合う、誰かと出会うということにはさまざまな「キッカケ」が必要です。キッカケがなければそのキッカケを作ろうとすることが、私たちにはできます。私たちは社会とそれを維持する知恵を持った人間だからです。

キッカケにはさまざまなものがあります。それは軽いものから両親や親戚を交えたものまでさまざまです。「合コン」は軽いものの代表です。合コンは私たちがもっとも得やすい「出会いの場」です。私たちは「社会」を持つ動物で、「社交」することが大好きです。つまり「コミュニケーション」をとることが、動物として好きなのです。それがなければ今の文明、社会は成り立ちませんし、文明を築き上げた叡智や知恵などもコミュニケーションをすることで洗練され、蓄積され、今に至るからです。

誰ともコミュニケーションをすることがない、などという日がないくらい、私たちは「誰か」と交流を持つものです。その取り組みは、私たちにさまざまな想いや新たな知識、経験をもたらします。私たちはそれを糧にさらに研磨したり考えたりしながら生きているのです。

本能的に「異性と出会いたい」と考えるのは自然なことです。ですが忙しい私たちはなかなか誰かと出会うなどということが少ない場合もあります。誰もがゆとりある時間、ゆとりある生活を送っているわけではないからです。「仕事」は日に日に私たちのなかで重みを増していきます。生活を支えるための取り組みは、私たちの人生といってもいいほど重要なものなのです。その中で誰かと出会うためには、「出会えるような環境」のなかに身を投じるしかないのかもしれません。その「環境」を手軽に用意した場が「合コン」です。合コンは最も手軽に誰かと出会える「場」なのです。

合コンに対して「結婚相手を探すんだ」という意識を持って望む人はなかなか多くはないでしょう。私たちは「遊び」を知っています。合コンのすべてが「浮ついている」というわけではありませんが、なかなか真剣になり辛いのが合コンです。もちろん、合コンをキッカケにして知り合って、その後真剣な交際を経てゴールインするカップルもいます。ですから合コンのすべてが「いい加減なものだ」とはいえませんが、時には私たちは軽い気持ちで誰かと出会いたいと考えることもあります。「一緒に楽しめる仲間がいればいい」と考えることもあるのです。そのような時にも、合コンに向かうのです。

ですから、婚活だといって合コンを重ねることは結果として「誰とも真剣な交際が出来ない」ということに繋がってしまうかもしれません。合コンは「ファスト」な関係を構築するためには最適な場なのかもしれませんが、相手が真剣でいてくれなければこちらからいくら真剣に結婚のことを考えたところで意味がないのです。結婚は自分だけでは成立しないものですから、相手に真剣に考えてもらう必要があるのです。

また、「合コン」の持つイメージもあまりよくありません。人に「あの人は合コンばかりしている」と思われてしまったら、その瞬間に「誠実ではない」というレッテルが貼られてしますかもしれません。真剣に婚活する人にとっては、それが逆効果になってしまうことでしょう。